創業昭和27年 串カツ・おでん まつい

営業時間
8:00 - 23:00 
テイクアウト、デリバリーは11:00 - 22:00

2023年11月20日

【メディア情報】日経ニュースに酒房まついが掲載されました。

いつも酒房まついのウェブサイトにお越し頂きまして誠にありがとうございます。

 

 

この度日経ニュースに酒房まついが掲載されましたので、お知らせ致します。

記事の内容はこちらから

 

▶︎記事を読む

 

JR大阪環状線、JR東西線、京阪電車が交差する京橋駅は、大阪市のキタ(梅田周辺)やミナミ(難波周辺)とは違った独特の雰囲気を持つ繁華街だ。

ディープな立ち飲み屋街や商業施設が、駅から各方角に広がる。

最近はオシャレな飲食店も増え、老若男女問わず多くの人々でにぎわう。

 

JR京橋駅北口を降り立つとすぐ、立ち飲み屋が雑然と居並ぶ。揚げ物の匂いに誘われ、北口近くの「酒房まつい」に入った。串カツとサラダを注文し、ビールと一緒にいただく。

客がひっきりなしに入れ代わり立ち代わりし、新しい客が来れば全員が少しずつ詰めて隙間を作り出す。肩が触れ合うほどの近さが心地よい。

 

メニューに記された「おでんの出汁(だし)割り」が気になっていると、常連客の飯田光徳さんが「まず熱かんを頼んで、3分の1くらい残して、おでん出汁で割るんよ」と教えてくれた。

週1回は京橋で飲み歩くという飯田さんは、公務員を定年退職し、今は執筆業などをしているそうだ。こちらが新聞記者だと明かすと「物書きってのも大変やでなァ」。

まるで旧知の仲のように会話ができるのも立ち飲みの醍醐味だ。

 

 

「酒房まつい」の統括店長、高松裕二郎さんによると「この店が創業した戦後まもない頃は、近くに路面電車が走っていたと聞く。相変わらず変化しないエリアもあるが、街並みはどんどん変わっている」。